読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Puchiko's Challenge! ~崖っぷち子の生活~

40代、バツイチ、子持ちのパート勤め…。色々痛いわたくしめですが、持前根性で乗り切ります(^^♪

離婚時の不動産の財産分与についてもっと調べてみた。

Puchikoです。

不動産の件が気になって、離婚相談所に行った後、不動産の財産分与についてもう少し調べてみました。忘れないうちにメモメモ。

 

 不動産のローンの残債を受け継げない場合、誰かからお金を借りて(その場合、金額が多いと贈与税に該当してしまうこともあるので、きちんと借用書を書いて毎月必ず支払う。証拠が残りやすいように口座振り込み等で行った方が良いかも。)、一括返済をすることも出来る。また、結婚20年未満の場合は居住不動産として離婚後に名義の変更をした場合、譲渡所得3000万(変更時の不動産の時価価格で)までは贈与税が非課税になるとなるそうです。反対に、これを離婚成立前の時点で行ったら配偶者に対しての普通の贈与になってしまうから贈与税がかかってしまうらしい。

でも、結婚20年以上だったら2110万円までは非課税になるみたいです。もし、結婚20年未満の場合、離婚後に名義変更をした方が良さそうだけど、離婚後に相手が「やっぱり名義変更するのやーめーた!」って言いだしたら大変だから、これも協議書にきちんと書いて、公正証書にしておかないと。

もう一つ!
不動産取得した時には不動産取得税なるものが発生するそうですが、「離婚を原因とした夫婦財産の清算」だと不動産取得税は基本的に免除されるようですが、慰謝料として不動産を譲渡する場合や一般的な額よりもあまりにも多すぎる場合は別途贈与税がかかってしまうから注意しないといけないよう。

そのほか、登録免除税等の登記費用も発生するのでそれも考慮しておかないと…。色々お金が掛かるものなのね…T_T

さて、うちはどうやって問題を片付ければ良いか…。