Puchiko's Challenge! ~崖っぷち子の生活~

40代、バツイチ、子持ちのパート勤め…。色々痛いわたくしめですが、持前根性で乗り切ります(^^♪

自らの離婚後の選択に凍り付く… それから、公正証書と協議書の違い。

…とはいうものの。

私、離婚してから本当にローンの分、返済できるかな?

えっと。父が亡くなった時にもらったお金少し。おばあちゃんが亡くなった時にもらったお金も少し。(父が私のおばあちゃんよりも先に亡くなってしまったので、父の取り分の遺産が私に流れてきた。)それで足りない分は親とか親戚とかから借りて…。
えっと…結局、どれ位の額を借りればいいんだ?!

 

 

そういう時って、本当うまい話がやけに目に入りますね^^;

「アフェリで月収100万円!」とか…。

「金運を呼ぶ財布」とか…。

宝くじで1000万円とか当たらないかな…とか。

思わずその手のものに手を出したくなる衝動に…。

いかんいかんいかん! そうじゃないってw

頭の中でぐるぐる回る福沢さん。

とりあえず、離婚の協議について、弁護士さんが作ってくれた協議書を手直しして、弁護士さんに確認を取りました。

うーんと、この協議書をどうやって公正証書にするんだろう?

そこらへんも弁護士さんに確認を取りました。

まず協議書と公正証書の違い。

協議書は、お互いで取り決めをした契約書のようなもの(と私は解釈している。)で、作成後、日付、署名、捺印をしたものを双方が保管するというもの。

これは契約なので、自分たちの取り決めたことの証明にはなります。

ただし!

協議書だけだと離婚後の養育費の支払いなどには効力を示さないとのこと。何故ならこれは双方で決めた契約であって、公式ではないから。また、(ないとは思うけど)紛失した場合はもちろん証拠がないので、効力が喪失してしまいます。また、改ざんもできないこともない。

そこで、「これは公式の文書ですよー。」っていう証明を全国にある公証役場にもっていって、認証してもらう訳です。(全国公証役場所在地一覧はこちら。)この証書があれば、公式に認められているから、それこそ離婚してからの養育費の支払いが滞った場合でも強制執行して給料差し押さえ!なんてことも出来る訳ですね。失くした場合でも20年間は証書を再発行してくれるので、その部分も安心。

ただねー、公文書なので、離婚協議書を公正証書発行にお金かかるんですよー。

時間もかかるんですよー。

それからね、今回のような不動産の引き渡し契約などは強制執行の対象にはなりませんT_T 一定の金銭の支払いに関する契約のみ有効です。

 

公正証書を作成する場合、一度弁護士の他に行政書士の先生に相談してみるのもいいかもしれません。最初の相談料無料の所もあるみたいですよ! 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

必ずよくわかる! 離婚の手続き・すすめ方・お金 [ 比留田薫 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2017/2/24時点)


 

 

ただ今参加中!
ポチッとしてくれるとPuchikoが小躍りします♪

 

 にほんブログ村 家族ブログ 離婚予定へ
にほんブログ村