Puchiko's Challenge! ~崖っぷち子の生活~

40代、バツイチ、子持ちのパート勤め…。色々痛いわたくしめですが、持前根性で乗り切ります(^^♪

もう少し先のことだけど…離婚した後の苗字、どうしよう…。

Puchikoです。

何だかんだ言って、少しづつ離婚に向けて進んでおります。

今日、ちらっと息子が「俺って、離婚したらどうなるの?」って聞いてきました。

えっと…。私、離婚したら、旧姓に戻るんだよね?

子供たちも旧姓か?

学校でいきなり旧姓になったら、離婚したって即ばれるよね?

うーん…。

 

そこで、離婚後の苗字についてちょっと調べてみました。

子供が小さい頃は、結構旧姓に戻るって人多かったけど、子供が大きくなったらそのまま結婚時の苗字を名乗るって人も結構いた。…そりゃそうだよねー、子供も自分もその姓で今まで過ごしてきたんだもんねー。一応は学校も昨今の事情を配慮して、離婚しても学校では婚姻中の苗字で呼んではくれるらしいけれど、でも同じ地域の学校に進学したら即ばれるわな。家の表札も変わるし。

そもそも旧姓に戻るのと戻らないのって何が違うんだろう?

 

まず、手続き。

 

離婚後、結婚によって苗字を変えた人は、もちろん旧姓に戻ります。(これを復氏というそうです。)だけど、様々な理由で旧姓に戻りたくない場合は、婚氏続称制度といって離婚3ヶ月以内に夫婦の本籍地、もしくは届け出人の住んでいる場所の役所で手続きをとれば、離婚後もそのままの苗字を名乗ることが出来るそうです。この手続きはすぐに終わるそうですよ。3か月過ぎると裁判所に手続きをしたりと色々大変なので、先にどうするかを決めておいた方が良さそうですね。

苗字を旧姓に変える場合は、もちろん自分は親の戸籍に戻ります。苗字を婚姻時のまま継続したい場合は、自分の新しい戸籍を作成しなければいけません。この場合、自分の親の戸籍には二度と戻れないことを覚えておくことが大切。戸籍に戻れなくても相続等には影響はないようですが。でも、もし仮にPuchikoの旧姓が「蓋川」でも婚姻中の「鍋島さん」を名乗って自分の戸籍を作ったとしましょう。後に、「ざる田さん」と結婚してまた離婚になった場合(✖が二つなんて考えたくもないけど!)、私の名前は「鍋島さん」に戻っても、自分の旧姓の「蓋川」には絶対に戻ることはないのです。(なんか悲しいT_T)

 

子供は…というと、いくら親権がこっちでも、戸籍は相手になるそうです。
だから、本来は子供の苗字が変わることはないのですね。

でもね、親と子供の苗字が違うってどうなのさ?って話になりません?

だから、戸籍を自分側に入れなければいけなくなります。

そして、自分が婚姻時の苗字を使ったからって、戸籍が一緒の訳でもない。

もし、自分の戸籍に子供を入れる場合は、家庭裁判所での子供の入籍手続きが必要になります。

 

…うーん、たかが苗字、されど苗字。奥が深いのう…。