Puchiko's Challenge! ~崖っぷち子の生活~

40代、バツイチ、子持ちのパート勤め…。色々痛いわたくしめですが、持前根性で乗り切ります(^^♪

離婚手続き、終了! …「Puchikoのために」の魔法が解けた。

Puchikoです。

 

司法書士の手続きが終わって、事務所を出ました。

…手続き代、税金を含めて60万円。後日振り込みをしなければいけません。

恐る恐る旦那が支払いについて聞いてきました。

「これって、折半して払う訳?」

 

…その前に旦那さん、離婚する前、私にこんな事を言っていました。

僕だってPuchikoとの生活に苦労してきたんだ、Puchikoはいつも言うことをコロコロ変えて、それに僕は振り回されてきた。お金だって払って来たのに、僕が払わないだの、何だの言ってきたし、それにずっと振り回されてお金ないんだよ!Puchikoにはどれだけお金がかかるかってことを苦労してこなかったから分からないんだろう!

 

そして、旦那はうちの母にも今回にかかる税金は私持ちにしてくれないとお金がない…と個人的に言ってたらしいんですね。それをしないと名義を変更したくない…と。

 

だから、この司法書士と税金に関しては私が言い出した離婚だし、母とそういう約束をしていたのだから、このお金は私が払う。私は、そんなにコロコロ考えを変える人ではないし、言ったことには責任を持つ。その代り、自分の始末は自分でしなさい。引っ越し代もウィークリーマンション代も自分で払って自分の責任は持ちなさい。このお金は折半しないで良いから。

…そう元・旦那にそう伝えました。

 

元・旦那、「あ、そう。どうも。」と一言。

 

…かるっっ!

 

お金に苦労してきた人が、人に60万ものお金を払わす時はそれだけかい!

まぁ、そんな旦那だったから別れるんだけど。自分がお金を払う事にはうるさいけれど、人がお金を払うのは当たり前のように簡単に受け入れるんだなぁ…。その辺、私には最後まで理解出来なかった。結局、「Puchikoのために」は何もなかったのか…。それに気づけただけで十分かもしれない。この「Puchikoのため」という言葉に惑わされて、ずっとこういう風に思う自分が悪いのかと思っていたけれど、ちゃんと自分の気持ちを最後には伝えることが出来た。それで良しとしよう。

 

元・旦那と別れた後、手元に残った今回のローンの返済のためにかき集めたお金で、司法書士の手続き代のお金を振り込みました。

 

口座の中、すっからかん。

借りたお金も使い果たしました。

…でも。

これで終了だーーー。

 

帰りに、弁護士を紹介してくださった母の知り合いにご挨拶に伺いました。

 

ありがとうございました。

背中を押して下さったお陰で無事に手続きを終えました。

ずっとこのままの生活が続くかと思って自分の人生を諦めていたけれど

前に進むことができました…と伝えるために。

 

その知り合いの方が言ってくれました。

Puchikoちゃん、良かったね。

顔がぱぁっと明るくなったよ。スッキリした顔をしている。

これからは自分の人生を大事にして生きていきなね。

将来の事、一緒に考えていってあげるから。

何かあったら相談しにおいで。

 

 

…こういう人は有難い。これからも大事にしていこう。

 

心配していた友達にも電話しました。

無事終わったよって。これから新しいPuchikoになるのでよろしくねと。

自分の事のように喜んでくれて、本当に嬉しかった。

一人じゃないんだなぁ。私は幸せ者だ。

 

きっとそういう人がいてくれたら、きっと、きっとね。きっと大丈夫。

大変だったけれど、自分の気持ちに正直になって第一歩を踏み出す事ができた。

…新しい人生のはじめの一歩。

もう、自分の中で偽りも後ろめたさもない、自分のための一歩。

 

等身大の自分で、頑張っていこう。今まで泣いた分だけこれからは精一杯笑おう。

…そして、この本にあった泥名言。

 

 

 

いつも心に野村沙知代

いつも自分の気持ちよりも人の事ばかり考えてしまいがちだけど、

サッチーみたいにもう少し言いたいことを言って、周りを気にせず

自分の気持ちに正直になって生きていこう。

 

今回、色々大変でも「ブログのネタにしてやる!」とそれを励みに頑張って、結構ここでぶちまけてしまいました^^;

最後までお付き合いくださった皆様、ありがとうございます。

 

そして、これからもよろしくお願いします!