Puchiko's Challenge! ~崖っぷち子の生活~

40代、バツイチ、子持ちのパート勤め…。色々痛いわたくしめですが、持前根性で乗り切ります(^^♪

片付けが進むと分かる自分の気持ち ~シングルマザーの心の内~

Puchikoです。

f:id:Puchiko:20170510050301p:plain

断捨離を始めて家はすっきりし始めました。

…でも、心の中はまだうまく晴れません…。

まだまだ不安もいっぱい、迷いもいっぱい。

ついでに、今まで自分が避けてきた自分の影の部分を片付けを通じて見えてきたところもあって、そんな自分と向き合うのも辛かったり…。

…そんなPuchikoも離婚生活まる3ヶ月が過ぎて、4か月目に突入しました。

 形がないものほど、処理が難しいらしい…

断捨離中に、結構すぐに捨てるものが出来たもの。

  • 要らない洋服や欠けた食器
  • ノベルティグッズやサンプル品
  • 古本・古雑誌等

思い入れがないものはどんどん捨てることが出来ますね。

しかし、そこに同じ物でも「思い」が入っているものってなかなか捨てる事ができない。自分の気持ちと紐づけされている物に対してはとたんに捨てる事が難しくなってきます。

  • 友達からもらったぬいぐるみとか(なぜかPuchikoはよくぬいぐるみを貰っていた)
  • 学生時代に一生懸命勉強したノートとか
  • よく分からない書類とか…(何のための書類か分からないから捨てることができない^^;)

物体自体って実は時間と共にそこまでの価値は無くなるのだけれど、思いや経験はね、その人が持ち続けている限り難しいようです。だって、その人の一部だから。例えその価値は他の人には分からないとしても。自分で決めていかないといけないのでしょうね~…。その決別自体がとても難しい訳で。形がないものはしょせん形のないものなんですがね。形がないからこそ手放したらおしまいだと思うんでしょうね。そこを乗り越えると、自分の優先順位がはっきりして結構すっきりさっぱりと次の段階に進めていく気がします。そういう意味では、断捨離って奥深いと感じる今日この頃。

元・旦那との離婚もしかり。相手の素行に不信感を抱いたり、苦労もしてきたりしたのにも関わらずずっと決断まで踏み切ることが出来なかったのって、きっとその「旦那」という「物」に紐づけされた何か…例えば、家族に男親がいないといけないという固定観念とか経済的安定とか(結局虚像でしかなかったけのだけれど)将来に対する不安とか、世間体とかそういうものにしがみついていたからなのだろうなぁ…としみじみ実感する今日この頃。だって、旦那といた時との生活の何が変わったのだろうか…と考えてみたら、結局悩みは一緒で、生活も変わらない。結局何も変わらなかったという衝撃の事実‼ 私の約20年の結婚生活って…w結局、それも自分の中の問題だけだったんだなぁ…。 結構その事に愕然としている私なんですけど^^;

 

片付けの中で分かる自分の本当の気持ち

片付けていく中で、自分の潜在意識というか、悩みの本質に触れていくことが出来るのも面白いです。なぜなら、結構自分の悩みに関する物が他の物に比べて圧倒的に多いから。容姿に自信のない子だったら、飲みきれなかったダイエットサプリとかやってもいないダイエット本、もしくは使いかけの化粧品や要らない洋服とかが多いだろうし、成績に伸び悩んでいる学生だったら、積読状態の参考書類が増えてくると思うし…。料理に自信がなかったらレシピ本とか冷凍食品、使いきれない調味料とかも増えて来る筈。そして、そのような物って問題解決してくれそうな気がするから捨てるに捨てられない。私の場合、ずっと「ダメな子」のレッテルを貼られて生きてきたようなところがあるので、「自己啓発本」とか(このブログでも出てくることありますねw)「ハウツー本」とかが多い事、多い事w 学生時代からそんな本ばかり読んでいたんだな^^;そういえば、結婚したての時、とにかくやりくりに自信がなくて、結婚前から奥様雑誌を読み漁って節約方法の勉強や料理の勉強をしてたっけw…でふっとある日考えて「えっと、実はこの雑誌代を節約すれば、もしかしたら家計がもっと節約できるんじゃない?」と唖然としたという…w目的の為にまっすぐ頑張る気持ちはあるんだけど、どうも一辺倒で、周りが見えないというか。そして空回りして、結局中途半端になってしまって挫折して…の悪循環。でも、それだけ自分に自信がなくて、どうにかしたくてずっともがいている状態が続いていたって訳なんですよね。自己啓発本にしてもしかり。ひとりでなんとか解決しようと思って、それこそ夫婦修復方法の本を買ってみたり、自分の性格を変える方法みたいな本を買ってみたり…。そんな本を読みながらずっとずっと悩んで悩んで苦しくなって…。でも案外、そんな事を手放しちゃえば良いだけの話だったんだなぁ…。って片付けながら思ってしまいました。自分を楽にする方法って案外自分で出来ちゃうものなんだろうな、そのハードルを高くしているのは他ならぬ自分だけなんだな…と。

離婚して4ヶ月目に入る今やっとそんな自分と向き合う余裕が出てきました。

そして、自分の弱さを見つめて、向き合って、そんな自分を受け入れて…納得して処分。 すっきり。

今朝だけも、ごみ袋1つ分の断捨離…主に旦那の物(まだあるんかーい!)。

そして、私の勉強ノートとか、料理レシピノートとか(作ろうと思ってもなかなか作らないものが結構あったので。作るものって頭の中にもう入っているから要らないし。)

週末にまた売ってきます。ごみの日にまたゴッソリ捨てます。

まだまだ不安もあるし、気持ちも晴れない部分もあるけど、少しづつ気持ちもすっきりしていくと良いです。

もう他人主体の人生は歩みたくない!

多分、今まで人の目を気にして生きてきたんだろうな、私。

本当に自分の物よりもひとの物が多い。でもその割に自己啓発本とかが多いw

自分に自信がない証拠。自分を主体に考えられない証拠。

まず周りが最初、自分は最後。

自分の家なのに、ずっと旦那に遠慮して暮らしていた私。

旦那がいなくなった今でも私の物より旦那の物の方が多いという事実。

もうそんな生活はしたくない。

少しずつ、少しずつ…。自分らしい生活を取り戻せたらいいなぁ…。

良い奥さんではなく、

良いお母さんではなく、

良い「Puchiko」でいれるよう…。

 

GWも過ぎて新緑の爽やかな季節に突入。そして、今日は離婚からちょうど3ヶ月。

ふわふわした、現実を受け入れきれないところから、しっかりと自分と向き合えるまでになるのが離婚4か月目の目標。

 

 

ただいま、参加中!よろしかったら押してください。


シングルマザーランキング

にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村