Puchiko's Challenge! ~崖っぷち子の生活~

40代、バツイチ、子持ちのパート勤め…。色々痛いわたくしめですが、持前根性で乗り切ります(^^♪

仕事をするって大変だ★ シングルマザーのプレッシャー

Puchikoです。

f:id:Puchiko:20170709044121p:plain

仕事を始めて2週間目が終了しました。

…プレッシャーで潰れそうです^^;

一度、会社を辞めさせれられてしまうと、仕事が怖くてたまらない。

離婚を経験すると、「敗北感」が半端ない。

この崖っぷち状態から這い上がらなくては、這い上がらなくては…と思うと緊張して余計空回りして、要らないミスが増える。ミスが増えると焦って余計ミスを犯す…初っ端からそんな負のループに入り始めている自分がいます。

金曜日の仕事が終わり、仕事場を出ると思わず涙が流れてしまいました。

今度こそと思うんだけど…

やはり、離婚すると色々な意味で今迄のようにはいかなくなります。

「シングルマザー」というだけで、人の見る眼が変わる事もあるし、金銭的に厳しくなる事もあるし(あ、これは前からか~)、それからそれから…。一番は、自分に全ての責任がかかってくるという事。これが上手く行っているのであれば良いのだけど、その後に仕事を辞めさせられてしまったりするとね、一気に自信がなくなるんですよ。何とかそこから起死回生を…と思ってすぐに再就職してみるも、仕事のかってが違い、今までしたことのない仕事をして、沢山の事(学校の流れや組織、それから仕事内容やパソコン作業など)を覚えなくてはいけないとなると、一人でパニクってしまう自分がいます。これがゆっくりペースならともかく、かなりの早いペースで覚えて、自分ひとりで出来るようにならないと…と思っただけで焦るのです。そうすると、パソコンの文字を文字だと認識できなくなってきて、ケアレスミスが出やすくなる…。

あー、まずいまずいまずい…。

 

これって「鬱」の初期症状⁈

毎朝、8時に出勤して7時半に帰宅する生活を1週間行って、そして土曜日。体が鉛のように動かなくて、涙が止まらなくて、胃がキリキリ痛くて…。休み休みしながら家事を行いました。子供がある程度大きくなっていて良かった~、こんな状態でも子供が小さかったら相手をしてあげなければいけないもの。子供達も、状況を察して放っておいてくれます。しかし…、お休みだから、ごはんを色々作ってあげたいけれど、大したものが作れない。あれもこれもしたいのに、どうしても体が動かない…。どうしよう、どうしよう…。

Puchiko、そういう時に必ずといって良いほど本を衝動買いしてしまいます^^;

そういえば、ちょっと前に衝動買いして、積読してしまった本の中にこれがあった…と思って今日はこれを読みました。

 

この本、結構本屋さんでも平積みになっていますよね。

それだけ、鬱状態に悩む人って多いのでしょうかね?

Puchikoは適応障害になってしまったことがあります。(厳密に言うと、未だにあります。)その状態になっても、誰も理解してくれる訳でも助けてくれる訳でもないので、余計自分にプレッシャーをかけて負のループに陥ってしまいます。この本の中には、鬱の長いトンネルに迷い込んでしまった人達がどのように鬱から抜け出し、(今もその鬱が顔を出す事があるものの)その後の生活を上手く送っているのかが書かれていて、Puchiko的にはとても参考になりました。

しかし、この本に書かれている鬱の症状…ケアレスミスが増える、体が鉛のように重く感じる、感動が分からない、絶え間ない「不安」と「恐怖」が付きまとう…。

全く、私じゃないかーーーーーーーい!

あぁぁ、まずい、このまま行ったら適応障害の他にも鬱病になってしまうのかしら…。

 

自分で自分を好きにならないと…。

鬱病になりやすい人の共通点:

  • 認知が歪んでいる人
  • 自己評価が低い人
  • 責任感が強くて生真面目な人

…等が挙げられます。

これって、結局、周りの人を中心に考えて、自分を大切にしない「つけ」が回ってきている状態なんですよね。人が中心だから、人と比べて自分の悪いところばかりを見る、人に迷惑をかけまいと自分がどんなに辛くても頑張ってしまう、それから人の評価を聞いて自分は価値のない人間なのではないか…と落ち込む。今、まさに自分がこの状態。

…そう理解しているけれど、でも、考えを変えるのって難しい。特に、そこに自分が気にし始めて、悩み始めちゃうと、なかなか抜け出せない。悩むのを辞めようと思うと余計考えちゃうんですよね…。あぁぁ…。

 

今週は少しましになっているかなぁ…。

 

ただいま、参加中!よろしかったら押してください。


シングルマザーランキング

にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村